Tradeview(トレードビュー)

Tradeview(トレードビュー)の海外FX業界最強の最狭スプレッド口座は?

「Tradeview(トレードビュー) の海外FX業界最強の最狭スプレッド口座は?」

今回は【サルでもわかる海外FX 質問集】の「Tradeview(トレードビュー)の海外FX業界最強の最狭スプレッド口座は?」という質問について動画でもお答えしていますので参考にしてください。テキストは動画の下に用意してありますので必要でしたら参考にしてください。

以上、今回はトレードビューのスプレッドが狭い口座にいてお答えしました。

動画で見たくない方はコチラをご覧ください。書きおこしはコチラになります。

【質問】
「Tradeview(トレードビュー)の海外FX業界最強の最狭スプレッド口座は?」
【回答】
トレードビューと言えば、スプレッドが狭いというのが有名ですが、
実は、トレードビューでは5つの口座タイプがあります。
その為、どの口座がスプレッドが狭いのかを今回はお伝えします。海外FX業界では間違いなくトップレベルのFX会社です。
ズバリ、「ILC口座」が、スプレッドが狭い口座です。ただ、このILC口座はECN口座ですので、往復5ドルが取引手数料としてかかります。
なので0.5pips(5ドル/往復)上乗せだと考えてください。

一見、スプレッドは表向きは安いけどトータルで考えたら高いのでは?
という疑問も持たれるかもしれません。

しかし有名な通貨ペアに関して話しても手数料を含めての
平均スプレッドは約0.8pipsという驚異の低スプレッドです。
これは他の海外FX会社よりも、かなり低スプレッドです。

その為、取引手数料を入れても現在、
どこのFX業者を含めてもILC口座がおススメとなります。

なのでスプレッドを抑えて、
スキャルピングトレードを行いたいトレーダーさんは、
このトレードビューのILC口座と選択すると良いです。

それでは本日も最後までありがとうございました。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]
Tradeview(トレードビュー)公式サイトはコチラ▼

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]
【Tradeview(トレードビュー)の新規口座開設マニュアルも配布中】

[/wc_column]

[/wc_row]

当サイト、海外FX比較の虎で紹介している海外FX業者は、
実際に信頼のおける審査に通った海外FX業者を紹介しています。

ですので、是非、FXや投資を行うなら海外FX業者を選びましょう。
その他の優良海外FX業者はコチラ>>>>


 

関連記事

  1. Tradeview(トレードビュー)への入金が口座に反映する迄どのくら…

  2. Tradeview(トレードビュー) の追加口座は何口座まで可能ですか…

  3. Tradeview(トレードビュー) の法人口座は開設可能ですか?

  4. TradeView (トレード・ビュー)のCurrenex (カレネッ…

  5. 【2019年9月】Tradeview FX (トレードビューFX) 国…

  6. 【サルでもわかる海外FX用語集】Tradeview(トレードビュー) …

 お薦め海外FX業者一覧

トレードビュー】


【TitanFX(タイタンFX)


【XM  (エックスエム)


【トレーダーズトラスト


ミルトンマーケッツ】

【IfCマーケット


【ホットフォレックス


【ヤディックス


【アンゾーキャピタル


アイフォレックス】


【ティックミル


【マイFXマーケット


 

月利10%以上の利益を得ているリアル口座を公開中!

完全無料の会員ページのログインはコチラから▼

海外FX比較の虎ちゃんねる

[sm-youtube-subscribe][yotuwp type=”channel” id=”UCtiTo1STWzhfANeiwu6lgjw” ]

海外FX比較の虎Twitter

海外FX比較の虎 Instagram

ブログランキング

【FX比較の虎】

PAGE TOP