miltonmarkets (ミルトンマーケッツ)

Milton Markets(ミルトンマーケッツ) PAMM&MAM(パム&マム)専用口座 案内ページ

2021年最新 Milton Markets(ミルトンマーケッツ) PAMM&MAM専用口座 解説


Milton Markets(ミルトンマーケッツ)PAMM&MAM専用口座について、色々とご案内していきたいと思います。

その前に、PAMM&MAM取引というのは海外では頻繁に行なわれている取引なのですが、日本国内では正直言いますと浸透力が本当に薄いのです。

投資経験のある人でも知らない方とか、聞いたことあるけどどのような取引で、どのように開始するの?という方も圧倒的に多いのです。
そのような状況なので、当然未経験者は知らないという方達ばかりですね。

という訳なので、Milton Markets(ミルトンマーケッツ)のPAMM&MAM専用口座の具体的なご説明に入る前に、詳しい基礎知識からご案内して行きたいと思います。

ご案内をする事で、運用者(マスター)として登録をしてみたいという方や、私は、顧客(投資者)として参加希望の方も現れるかもしれません。

また、一番の重要なポイントはここです!

PAMM&MAM取引に関しては理解できたけれども、数ある海外FXブローカー業者の中でも、何処のサイトがお薦めなの?
また、お薦め業者は理解出来たけれども、新規登録の申し込みの仕方はどうすればよいの?

あなたが知りたいのは、まさにココですよね?

当サイトは、やっちゃいますよ!
うちの自慢は、基礎知識からお薦め業者、更に新規お申し込みの仕方まで、全部詰め込んでご案内しちゃいます。

なので、当サイトからのPAMM&MAM登録者が多いのも自慢な点です。
その分、各ブローカーの担当者を捕まえて、ああでもないこうでもないと言いながら仕上げていくので、完璧に仕上がるまでには時間も掛かりますけどね 笑

しかしね、そうでもしない事にはお客さんも納得しないだろうし、一連の流れまで事細かくご案内を行なっているというサイトも中々見当たらないのでね、だからこそ!渾身の一撃という感じで仕上げてまいりましたので、是非ご参考にして頂きたいと思います。

PAMM(パム)とMAM(マム)とは?
MAM(マム)とは、Multi Account Managerの略で、運用者(マスター)に FX取引のエントリー・決済を委託し、自分の口座で完全にミラーで自動的にトレードする事です。

PAMM(パム)とは、Percentage Allocation Management Moduleの略で、顧客(投資者)が、運用者(マスター)に金銭を出資し、そのマスターが代わって取引を行い損益分配していく事です。

簡単に言えばMAM(マム)の場合は、運用者(マスター)が取引した内容全てが自分の口座で確認出来ますが、PAMM(パム)の場合は取引内容が見えませんがお金が増えているか減っているかの状況が確認出来るという違いがあります。

基本的には、取引状況が見えるか見えないかという違いだけであって、簡単に言ってしまえば、PAMM&MAMの名称内の中では、そこまで大きな違いと言う程のものではありませんが、この取引の共通点でいえば、いずれも自分が取引の判断を一切せず、運用者(マスター)にすべてをお任せするという点なのですね。

ファンドとPAMM(パム)とMAM(マム)の違いは?

FX投資を運用していく上で、よく日本国内ではファンドという言葉を耳にされると思いますが、PAMM&MAMというのは、このファンド形式に似ています。

ファンドというのは、ある所にお金だけを預けてそれを運用してもらうというのが基本ですけれど、このPAMM(パム)やMAM(マム)というのは、どちらもご自身でFX会社の専用口座を作って、その専用口座にお金を預ける事で、運用者(マスター)がそのFX会社内で運用してくれるという点であり、要するに他人が運用する事で自分の口座にあるお金が増えたり減ったりするという仕組みなのです。

また、ファンドとは違いPAMM(パム)やMAM(マム)の何が便利かというと、あなたご自身が好きな時にお金を引き出せる事です。
反対にファンドの場合、運用者(マスター)に直接お金を預けてしまうので、信用し過ぎてお金を持っていかれてしまうという最悪なケースも考えられます。

そういう意味では、PAMM(パム)やMAM(マム)の場合、ご自身の専用口座にお金を預けていく分、より安全性が高いと言える事でしょう。

PAMM(パム)とMAM(マム)のメリット
PAMM(パム)とMAM(マム)のメリットとしては、先程ご案内したとおり、ファンド型とは違い運用者(マスター)にお金を預けるのではなく、あくまでもFX業者のご自身の専用口座にお金を預けていくので安全性が高いという点です。

という事は、自分の専用口座にお金がある為、ご自身がやめたい時にやめる事はいつでも可能ですし、反対に信用性があり調子も良い状況なので、もっと資産を増やしたい場合には、ご自身の専用口座に追加入金するだけで、当然運用残高も増えていきますので、その分大きく資産を増やす事が可能となります。

専用口座にお金を預けて安全性をまず確保、調子が悪ければ辞めればいい
反対に調子が良ければ、増資をして更に資産を確保していけばいい

あとは、運用者(マスター)さん頼んだよ!
これが、パム&マムのメリットなのですね。

PAMM(パム)とMAM(マム)行うなら海外サイトがお薦め!!

日本国内では、PAMM(パム)MAM(マム)といった取引は全面禁止です。
なので、PAMM(パム)とMAM(マム)といった名称や取引内容を知らないという方が圧倒的に多い訳ですが、国内と海外とではまず基本的な取引ルールからして大きな違いがあるのです。

例えば、日本の国内業者の場合、レバレッジ規制がある上に入金額以上の損失まで背負わなければならない可能性もあるのです。
反対に海外業者の場合、レバレッジ規制がない上にゼロカットシステムにより入金額以上の損失は背負わずに済むのです。

要するに、大きな利益を生む事が出来ず損失も背負う可能性もある国内取引に対して、利益を上げる時は大きく損失は最小限というのが海外取引なのです。

そして
直接お金を預けて、持って行かれる危険性があるファンドに対し
お金はあくまでも各サイトの取引口座なので安全面が守られるPAMM&MAM

だったら、国内取引やファンドをやるぐらいなら、はじめから海外取引でPAMM&MAM口座で取引した方が、まだマシじゃないか!
と、なる訳なのですが 笑

日本国内では浸透力の薄さ
PAMM&MAMのご案内サイトが少ない

この2点が有る為、だからこそ我々が丁寧に仕上げていくしかないと、
考え始めたきっかけでもあったのですね(^^)v

PAMM(パム)とMAM(マム)のおさらい
PAMM(パム)とMAM(マム)について、色々とご説明してまいりましたが、ご理解頂けたでしょうか?

基本的に運用者(マスター)の元で、PAMM(パム)とMAM(マム)を開始してみたものの、中々資産に結びつかないので辞めたい時もあれば、反対に資産も増えてきているので、更に追加入金で大きく資産を増やしていこうという判断に関しても、全て顧客(投資者)次第なので、安全面に取引が出来る上、継続的に取引するかしないかの判断も出来るので、海外取引でPAMM(パム)やMAM(マム)が今人気なのも、その理由からですね。

但し、相場というのは常に上下に動くものであって、いつ何時世界情勢も変化をしていくものであります。

景気が良い時もあれば、反対に悪い時もあり

政府の法律や条例改正により、当たり前だったものが変化したり

また、地震や津波などによる自然破壊もあれば、今回のコロナウィルスのように、目に見えないウィルスにより全世界経済にも影響を及ぼす時もありますので、それを運用者(マスター)に全て一任したからといって、予測不能なものまで予想しろと言われた所で、どんな腕利きの運用者を掴まえた所で絶対無理ものは無理な話しでもありますのでね 笑

まずは、決められた運用者(マスター)の元で開始する以上は、長い目で観てあげる事も重要な事ですし、また優秀な運用者(マスター)をいかに確保していくのも、PAMM&MAM取引を行なう上では戦略の一つとも言えますね。

資産運用として取引を行なう上で、是非役立てて欲しいと思います。

さあ、ここから先はPAMM(パム)やMAM(マム)取引を開始していく上での、海外FX業者選びについて、ご案内していきたいと思います。

海外業者でPAMM(パム)
MAM(マム)を行っているサイトはありますか?


勿論、御座います。

海外業者FX業者では、法人口座を始めPAMM(パム)口座&MAM(マム)口座を積極的に受け入れている所も多いのです。

その中でも、特にお薦めしたいのが
●金融ライセンスをきちんと保有している
●会社法人様にも人気がある
●日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実している
海外業者選びで特に注目して欲しいポイントというのは、まさにこの部分です。

●金融ライセンスをきちんと保有している
ここは、もう絶対条件です。
例え海外FX業者であっても、そのサイトに特化した海外での金融ライセンスというものを保有しており、サイト上では必ず明記されております。
まずは、公式サイト上で確認をしてください。

特にですが、情報商材等で投資家として参加させ、その専用口座にお金を預けて頂ければ投資家のあなたに代わって私が取引致しましょう!などと語っておきながら、ご案内されたサイト先が得体の知らない金融ライセンス無表示の会社だったというケースもあります。
そのような業者に手を出すのは、大変危険ですので辞めておくべきです。

●会社法人様にも人気がある
最近海外FX業者の中でも、個人口座に限らず会社法人による法人口座も人気のサイトも数多く見受けられます。
基本的に法人口座の方というのは、高額な入金額に加え投資金額も高額となりますので、各業者選びの中でも決定的な基準となるのがスプレット幅の狭さです。

そのスプレット幅の狭さにより、高額資金を投入し取引を行なう上では最も重要なキーポイントとなるからなのです。

という事は、会社法人様に人気があるサイトというのは、高額資金を投入するだけに、PAMM&MAM取引を行なう上では、
いかに信頼性が高く安心出来るサイトであるかという海外FX業者選びでの目安にもなるのですね。

●日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実している
海外FX業者の中でも、英語版のみのサイトもあれば、日本語サイトはあるものの日本人サポートスタッフが不在の為、おかしな日本語で返信が返ってくる業者さんも中にはあります。そういう業者は、基本的にお薦めできません。

特に、PAMM&MAMのマスター(運用者)としてご登録される場合、各FXブローカーごとに、基本な取引環境から開始する為の設置方法、提出書類から契約書類など、条件面を全てクリアーされてはじめて開始されるものです。

それには、日本語サイトでPAMM&MAM内容明記で、取引環境から設置方法などを理解する事も重要な事です。
更に、提出書類から契約書類の面で、必ず日本人スタッフのサポートが必要となってきますので、日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実しているサイトがよりお薦めです。

お薦め海外FX業者をご紹介
ここで、当サイトでPAMM&MAM取引をお薦めする海外FX業者をご紹介していきます。
今回はMilton Markets(ミルトンマーケッツ)サイトのPAMM&MAM口座のご案内と言うことで、まずMilton Markets(ミルトンマーケッツ)サイトについて、簡単にご案内していきます。

Milton Markets(ミルトンマーケッツ)

MiltonMarkets公式サイトはコチラhttps://miltonmarkets.com/jp/?ib=100

「業界トップと言って良いスプレッドの狭さ」
「業界最高水準のハイレバレッジ(最大1000倍)」
「追証なし( ゼロカットシステム)」

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)は、Milton Markets Ltd.というアメリカニューヨークに本社を構える海外FXブランドとなり、最新のテクノロジーを駆使し、多くのリクイディティプロバイダーと接続されています。

NDD方式ですので、お客様はより直接的にマーケットにアクセスする事が可能で、業界でもトップレベルのリクイディティプロバイダー及びテクノロジープロバイダーと協業することにより実現しています。
その為、ミルトンマーケッツは取引のプラットフォーム提供者として位置し、お客様の注文に対してマーケットメーカーや流動性供給元としての立場を取りません。

また低スプレッド、最大レバレッジ1000倍、更に日本人スタップによる24時間体制の徹底的なサポ―トを実現し、トレーダーの間でも大変好評価を得ている人気海外FXサイトのひとつです。

更に、先物・オプション・為替市場取引サービスを提供する為に必要なVanuatu金融ライセンスを取得し、お客様の大切な資金を分別管理にて安全に守られております。

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ) PAMM&MAM取引お薦め理由
MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)サイトは、基本的に他サイトのような派手なキャンペーンなどは行っておりませんが、その分スプレット幅が狭く個人口座は勿論の事、会社法人口座にも人気のあるサイトです。

また、海外FX業者の中では珍しく、日本人スタップによる24時間体制の徹底的なサポ―トを実現しております。

●金融ライセンスを保有している
●会社法人様にも人気がある
●日本人スタッフによるカスタマーサポートが充実している

まさに、PAMM&MAM取引を行なっていく上で、MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)は、申し分のないお薦めサイトと言えるでしょう。

※その他のPAMM&MAM取引お薦め海外FXサイトはMYFXMarkets(マイFXマーケット)となります。
MYFXMarkets(マイFXマーケット)のご案内ページはコチラ>>>

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)のPAMM・MAMについて
Miltonのプラットフォームを利用して、マネー・マネージャーが提供するビジネスモデルやストラテジーに合わせて、柔軟性の高い設定が可能です。
マルチアカウントマネージャーシステム(PAMM・MAM)は、マネー・マネージャーが投資家の資金を運用する際、 独自のストラテジーに基づき、有効証拠金の金額割合に応じてプロフィット&ロスを投資家に分配することを可能にした、世界でもっとも進んだ利用されている最適な運用システムです。

MAM専用口座のマスター(運用者)の新規ご登録について
MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)では、只今投資家に代わって取引を行って頂く、MAM専用口座の運用者(マスター)の新規受付を行っております。
※既に数人の投資家を確保し、そのグループの取引管理者として参加ご希望の方のみご登録が可能となります。

尚、MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)のマルチアカウントマネジャー(MAM)口座の運用者(マスター)として参加する際には、まず管理者専用口座の新規ご登録が必要となります。

こちらのページでは、マスター(運用者)用の新規ご登録方法から 、
更に投資家への分配・割合設定などの具体的内容について、わかりやすくご案内していますので、
詳しくはコチラを参考にしてください。

MAM口座、管理者(マスター)専用新規登録内容はコチラのバナーをクリック↓

MAM専用口座の顧客(投資者)参加者の新規ご登録について
MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ) の顧客(投資者)としてMAM取引を参加する為には、まず、あなたの代わりに取引をして頂けるマスター(運用者)が決定しなければご利用出来ませんので、あらかじめご了承ください。

既に、マスター(運用者)が確定し、実際に顧客(投資者)としてMAM取引に参加する為には、まずMiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の専用アカウント口座が必要となります。
こちらのページでは、顧客(投資者)用の新規ご登録方法から本人確認書類提出方法、MAM専用口座登録方法などの具体的内容について、わかりやすくご案内してまいりますので、是非ご参考にしてください。
MAM口座、顧客(投資者)参加者専用の新規登録内容についてはコチラ>>>

他の海外FXブローカーによるMAM専用口座をご案内
MAM専用口座のマスター(運用者)として登録したいが、現在顧客(投資者)として参加していただけるグループが不在の方、反対に顧客(投資者)としてMAM取引に参加したいけれども、あなたに代わって取引をしていただけるマスター(運用者)さんが現在居ないという方は、どちらも参加可能な海外FX業者をご案内致します。
MYFXMarkets(マイFXマーケット) MAM口座ご案内ページはコチラ>>>


 

Milton Markets(ミルトンマーケッツ)徹底解説ページTOPページへ戻る>>>

 

関連記事

  1. 最新2020年版 MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)ログ…

  2. MiltonMarkets (ミルトンマーケッツ) 豆知識 ミルトンV…

  3. 最新2020年版 MiltonMarkets (ミルトンマーケッツ) …

  4. MiltonMarkets (ミルトンマーケッツ) 豆知識 無料VPS…

  5. 最新2020年版 MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)ライ…

  6. MiltonMarkets (ミルトンマーケッツ) 夏の令和15%ボー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 お薦め海外FX業者一覧

【エクスクルーシブ・マーケット

【マイFXマーケット

【アキシオリー

トレードビュー】
【TitanFX(タイタンFX)


【XM  (エックスエム)


【トレーダーズトラスト


ミルトンマーケッツ】

【IfCマーケット


【ホットフォレックス


【ヤディックス


【アンゾーキャピタル


アイフォレックス】


 

月利10%以上の利益を得ているリアル口座を公開中!

完全無料の会員ページのログインはコチラから▼

海外FX比較の虎ちゃんねる

[sm-youtube-subscribe][yotuwp type=”channel” id=”UCtiTo1STWzhfANeiwu6lgjw” ]

海外FX比較の虎Twitter

海外FX比較の虎 Instagram

ブログランキング

【FX比較の虎】

PAGE TOP