未分類

海外FX業者 スプレッド&取引注文方法 比較

今回は各海外FX会社の最狭スプレッドとFX会社の取引方法について比較まとめてみました。一番は取引注文方法が業者によって変わりますので、特にスプレッド、レバレッジの前に確認する方が多いです。※注文方法の補足として表の下に掲載しておきますので、あまりFX会社の注文取引方法に詳しくない方はご覧ください。

会社 最狭スプレッド 注文方法 電話 メール 詳細
※補足
FX会社が行っている注文取引方法としては主に二つに分かれます。どこかのサイトで掲載されていたと何となく難しそうでわからない方は参考にしてください。主に下記の二つの方式に分かれています。DD方式に関しては国内のFX会社の殆どが、こちらの取引という話を聞いたことがあります。【DD方式】  トレーダーとインターバンクの間にFX会社が入る。
【NDD方式】トレーダーとインターバンクの間にFX会社が入らない。
この二つになります。

簡単に言ってしまうとDD方式「トレーダーの注文をFX会社側が本当に銀行に注文するか判断する」、つまりトレーダーが損すると判断した時には注文はトレーダーから受け付けるけど実際にインターネットバンクに注文は行うか、行わないかはわからない。と言う感じです。トレーダーとしては注文は通った事にはなっています。利益が出ればもちろん利益になりますのでトレーダーの注文自体は通っている流れで進行します。

NDD方式に関してはトレーダーからの注文をインターネットバンクに直接、注文するだけです。この二つの違いは、簡単です。手数料をどこでとるかです。NDD方式のようにネットバンクとFX会社の間の注文手数料のみがFX会社の利益になります。

NDD方式の中には下記の二つに分かれているので、それも一緒に覚えて置いてください。
[STP方式]スプレッドに業者の利益をのせて顧客にレートを提供する方式。
[ECN方式]日本の株式投資と同じく参加者が注文をぶつけ合う方式。

逆にDD方式は注文時の手数料と、10万円分トレードしたとして負けた場合、注文を通していないと、そのままトレード資金が利益になるという感じになります。いろいろと賛否ありますが、これは各自の判断になります。一応、この点は抑えて口座選びを行ってください。

常に最新の情報を目指していますので、もし、今回の情報が変更されて差異があるという事であればお手数ではありますがご連絡ください。


デモ口座ではリアル口座と同じ取引画面を使ってバーチャル資金使って取引の練習を行う事ができます。大切なお金ですのでFX初心者の方は特に注文方法なども慣れる部分もありますのでワンクリック注文やFIFOの設定などもありますので、是非、最初はデモ口座の利用をおすすめします。 さらに詳しい情報はコチラ>>>

海外FX比較の虎 / FX口座選びの7つのポイント

1日本人サポート

2ボーナスの充実

3ゼロカットシステム

4金融ライセンス

5レバレッジ

6スプレッド

7成長性

関連記事

  1. XM(エックスエム) カスタマーサポートについて

  2. トレーダーズトラスト(Traders Trust) よくある質問(セキ…

  3. XM(エックスエム)「XMアフィリエイト ログイン方法」 マニュアル …

  4. XM(エックスエム)1月06日~11日 今週のFXトレード結果

  5. XM(エックスエム)2019年9月25日 FXウェビナー 詳細

  6. XM(エックスエム)1月21日~25日 FXトレード結果

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 お薦め海外FX業者一覧

トレードビュー】


【TitanFX(タイタンFX)


【XM  (エックスエム)


【トレーダーズトラスト


【エクセレントレード


【IfCマーケット


【ホットフォレックス


【ヤディックス


【アンゾーキャピタル


アイフォレックス】


【ティックミル


【マイFXマーケット


ミルトンマーケッツ】


 

月利10%以上の利益を得ているリアル口座を公開中!

完全無料の会員ページのログインはコチラから▼

海外FX比較の虎Twitter

海外FX比較の虎 Instagram

ブログランキング

【FX比較の虎】

PAGE TOP